病気のお話

病気のお話

HOME >  かわクリニック  > 病気のお話

病気のお話

病気のおはなし

  • 脂質異常症について

    脂質異常症について

    ●脂質異常症とは?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    脂質異常症(高脂血症)とは、血清脂質の値が異常を示す病気です。血清脂質とは、血液の中の脂肪分の濃度のことです。 脂質異常症は動脈硬化の原因となります。血清脂質はいくつかのタイプに分けられ、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)、トリグリセライド(中性脂肪)があります。健康な人はLDLコレステロールが140未満、HDLコレステロールが40以上、トリグリセライドが150未満です。これらの値がその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。 脂質異常症という名前ですが、以前は高脂血症と呼ばれていました。これは文字通り「血清脂質が高い状態」を示しているのですが、HDLコレステロールが低い状態も動脈硬化を起こしやすいため、高脂血症という名称は不適切ということで、脂質異常症と呼ばれるようになりました。


    詳しくはこちら

  • 現代病としての腰痛

    現代病としての腰痛

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨今、腰痛を訴えて治療院を訪ねる方が増加しています。 それも年々、若年化しながら、症状が複雑化する傾向にあるといいます。

    詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る