病気のお話

病気のお話

HOME >  かわクリニック  > 病気のお話

病気のお話

病気のおはなし

  • 胃・十二指腸潰瘍について

    胃・十二指腸潰瘍について

    ●胃・十二指腸潰瘍とは?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    胃・十二指腸潰瘍は日本人にとっては非常にポピュラーな病気の一つです。長年この病気で悩んでおられる方も結構沢山いると思われます。 潰瘍とは、粘膜や上皮が損傷をうけ、欠損する状態を指します。これが胃や十二指腸で起こったのが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。


    詳しくはこちら

  • ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染症について

    ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染症について

    ●ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    胃は食物を消化するために胃酸を分泌しています。このため、胃はpH1~2の酸性に保たれているため、通常の細菌は生存することはできません。長い間胃の中には最近は存在しないと考えられていましたが、1982年オーストラリアのウォーレンとマーシャルは、胃粘膜にらせん状の細菌を発見しました。これが、ヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)です。ピロリ菌は、ウレアーゼと呼ばれる酵素を自分の周りに分泌して尿素をアンモニアに変えることで、自分の周りの酸を中和し、胃の中で生き延びています。


    詳しくはこちら

  • 逆流性食道炎について

    逆流性食道炎について

    ●逆流性食道炎とは?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    いつもより食べ過ぎた時、胸焼けや酸っぱい液が喉まで上がってくることはありませんか?その症状の原因は逆流性食道炎かもしれません。 胃と食道の間には、食べ物や胃酸が食道へ逆流しないように圧力がかかり閉まっています。この閉まりが悪くなると、胃酸が食道へ逆流を起こします。食道の粘膜は胃と違い酸に弱いので、胃から逆流してきた胃酸により炎症を起こします。これが逆流性食道炎です。


    詳しくはこちら

  • 過敏性腸症候群について

    過敏性腸症候群について

    ●過敏性腸症候群とは?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    過敏性腸症候群とは、大腸内視鏡などで大腸に見た目でわかるような異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘・下腹部の痛みなどの症状が起こる病気です。

    詳しくはこちら

  • 胃アニサキス症

    胃アニサキス症

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    青物の生魚(イワシ、サバ、アジ等)を食べて数時間後に、激しい腹痛、吐き気に見舞われた経験はありませんでしょうか?
    時によっては食中毒と間違えられることもありますが、食中毒と異なり、発熱や下痢を伴いません。

    詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る