Menu

HOME

Home

GWの時期も熱中症に注意が必要!!

GWに入りました。旅行や行楽で外出される方が多い時期です。
過ごしやすい日が続いていますが、日中は20℃を超える日もあります。
この時期は熱中症に注意が必要です。

 熱中症といえば、7月から8月の、梅雨明け以降の真夏の気温30℃を超えるような暑い日に起こる病気と思われがちですが、実はGW期間中も起こりやすい時期です。
 熱中症は、外気温の変化に体が対応できずに体内に熱がこもることで、内臓の変調をきたす病気です。
体内に熱がこもることで脱水になり、体温が上昇し、血流障害から多臓器不全に至る疾患で、症状はめまい、発熱、失神、異常な発汗、頭痛、吐き気があり、状態が悪化すると死に至ることもあります。

 GW期間中は、気温の急激な上昇に体が順応できないことで熱中症が起こります。
とくに、この時期はまだこまめに水分摂取を行う人が少ないので、危険性が高いです。
休暇先への移動で交通機関を利用する人も多いと思いますが、トイレを我慢するのが嫌で水分をあまり取らない方がいます。
 もともと脱水を引き起こしやすい小児や高齢者だけにかぎらず、普段は健康な大人も、こまめにスポーツ飲料などの糖分や電解質が多く含まれた飲み物を摂取するようにして、熱中症を予防しましょう。