Menu

HOME

Home

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)の定期接種について

こんにちは。
最近よく、肺炎球菌ワクチンの定期接種についてお問い合わせをいただきます。

自分が定期接種の対象なのか、どういう手続で接種できるのかというご質問をいただきます。
テレビCMでよく宣伝されているもののわかりにくいですよね。ここで、まとめておこうと思います。

定期接種の対象は(1)今年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級を有する方および1級相当の障害を有する方)
です。
神戸市で定期接種の対象となる方には、7月ごろに神戸市から案内のはがきが届く予定とのことです。
(明石市の方はすでに案内が届いているようです。)
定期接種の対象で接種を希望の方は、当院受付でお申し出いただくと、ワクチンを取り寄せます。
ワクチンが入荷しましたら、当院から電話にて連絡させていただきますので、案内のはがきを持参のうえで受診していただきき、接種を行います。
なお、案内はがきが届いた方でも、過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種した方は定期接種の対象外となりますのでご注意下さい。

今回の定期接種の対象外となる方や、過去にニューモバックスの接種から5年以上経過している方は、自費での接種となりますので、ご了承下さい。
また、もう一つの肺炎球菌ワクチンである「プレベナー」は、現在定期接種ではありません。
過去にプレベナーのみを接種された方は、ニューモバックスの定期接種を受けることが可能です。
ご不明な点があればお気軽におたずね下さい。