Menu

鼻からのつらくない胃カメラとは?

Home

胃カメラについて

HOME > 病気の予防にむけて > 経鼻胃カメラ検診

当院の上部消化管内視鏡(胃カメラ)の紹介

当院の上部消化管内視鏡(胃カメラ)

オリンパス社の最新のシステム(EVIS LUCERA ELITE)と細径内視鏡(XP-290N)を導入。
太さわずか5.4mmでありながら鮮明な画像が得られます。特殊光観察(NBI:狭帯域光観察)は早期胃癌の発見に威力を発揮します。
経鼻内視鏡に対応しており、苦しくない検査ができます。
(これまでの経口対応の内視鏡もあります。)

経鼻内視鏡がカラダにやさしい理由

理由その1  「オエッ」となりにくい

理由その1  「オエッ」となりにくい

経口内視鏡では、舌の奥を圧迫するため、嘔吐反射を生じやすく、人によっては苦痛に感じます。
経鼻内視鏡は、舌の奥を通らず、のどを触れないため、嘔気がでにくいです。

理由その2  会話ができる

経鼻内視鏡では、口を通らないので会話ができます。

このため、「つらくないですか」といった会話ができ、患者様の状態を確認できるため安心して検査を受けていただけます。

理由その3  カラダへの負担が小さい

経口カメラは太くやや固めであるため違和感が大きく、場合によっては鎮痛・鎮静剤の注射が必要なこともあります(注射を行うと検査後安静が必要な場合もあります)。
これに対し経鼻カメラは約5mmと細くやわらかい構造のため、違和感を生じにくくなっています。

このため経口カメラで苦痛が強かった方でもほとんどの場合注射なしに楽に検査ができ、検査後すぐに帰宅していただけます。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)の受け方

Step1. 検査前日

検査前日の食事は午後9時までに終えてください。
水・お茶は就寝まで制限はありません。また、飲酒・喫煙は控えてください

Step2. 検査当日 自宅にて

検査当日の朝は絶食です。水・お茶のみ検査前まで可能です。

Step3. 検査当日 当院処置室にて

検査の前処置を行います。はじめに、胃の中をきれいにする薬を飲みます。
経鼻内視鏡の場合は、鼻の通りを良くする薬を点鼻します。
その後、鼻やのどに麻酔を行います。

Step4. 検査当日 検査室にて

いよいよ検査を行います。
検査台に横向きで寝ていただきます。予め入れ歯をはずし、ズボンのベルトは緩めにしておきます。
検査中はできるだけリラックスして、ゆっくり呼吸を行うように心がけます。
無理にカメラを飲もうとせず、医師の指示にしたがってください。検査は5分から15分程度で終了します。
観察以外に必要があれば組織検査やピロリ菌の迅速検査(迅速ウレアーゼ試験)を行います。

Step5. 検査後

診察室にて、検査の画像をご覧いただきながら所見を説明します。
検査後、1時間程度は麻酔が残っていますので、飲水・食事は控えてください
麻酔による喉の違和感がありますが、徐々に消失します。麻酔の効果がなくなれば飲水・食事が可能です。
おつかれさまでした!!

検査の申し込み方法・問い合わせ先

検査には事前予約が必要です。
原則として、検査前に診察を受けていただきますが、どうしても都合がつかない方は電話にて検査予約を承ります。

また、抗凝固薬(脳梗塞などの発生予防のために血液をサラサラにする薬:バイアスピリン、バファリン、パナルジン、プラビックス、ワーファリンなど)を内服されている方は、予め休薬が必要な場合がありますので、検査前の受診をおねがいします。

< かわクリニック  TEL 078(781)1838

ページの先頭へ戻る